2011年09月02日

蹴夢を読んだ中学生の感想 その1

先ごろ出版した、私の初めての小説「蹴夢」は、夏休みに多くのサッカー少年が読んでくれたようで、作者としてはとてもうれしく思っています。

今回は、中学生の読者から寄せられた、感想文を紹介したいと思います。

こちらは、Twitterを通じて、お父さんから寄せられたものです。


「読み終わって最初に感じたのは、自分のプレースタイルや意識、バディや養和のコーチと似てる事です。

僕は小学生の時、コーチや父に聞いても教えてくれません『自分で考えな』といつもの答えでした。

サッカーに限らず、自分で考えて勇気を持って行動、挑戦する事を小学生の頃から学んでいた私は、この本を読んで、やる事は間違っていないと感じました。

バディ・養和のコーチに感謝です。

後は、僕の努力次第です。

バディの時、全国大会で悔しい負け方、養和でも、予選三連敗、悔しいです。

満足せず、目標・夢に向かって人一倍の努力を、楽しみたいです。

本ありがとうございました」



感想をくれたY君は全国的な強豪クラブにジュニア年代から所属し、夢に向かってがんばっているようです。


「蹴夢」のケンタや純也たちも、自分の夢に向かって、日々、がんばっています。

Y君も、ケンタたちに負けないよう、サッカーと人生を楽しんでほしいと思います。



posted by suzuki at 00:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。