2011年06月16日

シャビをカンテラで指導した人の記事

シャビをカンテラ時代に指導し、動き方のイロハを教えたジョアン・ビラ氏の記事を書きましたので、紹介します。

育成や指導に興味のある方には、楽しんでいただける内容だと思います。

シャビを育てた元バルサコーチが日本に提言「大切なのは、ピッチ上で正しい判断をすること」

より詳しく知りたい方は「サカイク」内の記事を御覧ください。

『知のサッカー』の記事一覧




posted by suzuki at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

サッカートータルトレーニング セミナー開催のお知らせ(6月〜9月)

取材で何度かお世話になった、サッカークリニック誌等でも活躍中の土屋潤二氏が、フィジカルトレーニングについて普及活動を行っていきたいという気持ちから、プロジェクトを立ち上げました。

FCソウルの菅野フィジカルコーチや、ヴァンフォーレ甲府の谷フィジカルコーチらが賛同してくれているそうです。

【土屋氏プロフィール】
フィジカルコーチ、オランダ徒手療法士(国家医療資格取得者)、理学療法士、ドイツサッカー協会B級指導者

オランダで日本人初の国家医療資格であるマニュアルセラピー(徒手療法)の資格を取得。同国のオランダサッカー協会スポーツメディカルセンターにて研修後、サッカークラブの名門「フェイエノールト」へ。そこで多くの選手のコンディションをサポートする。帰国後はJリーグの名古屋グランパスや横浜Fマリノスのメディカルスタッフとして活躍。

一方で、システマチックなコアTr.を発案しながら、動きづくりに注目し、何人かの元Jリーガーをトレーニングで復活させた実績を持つ。また、トレーニングの負荷を変化させて高いパフォーマンスを維持する画期的なフィジカルトレーニング(=ピリオダイゼーション)により、昨シーズンでは「SC相模原」の夏場(7/8月)のけが人を0人を達成…と独自のトレーニング方法を展開。

結果をだす“仕組みづくり”を、与えられた制約に合わせて作り出すプロフェッショナル。日本では珍しい「メディカルトレーニング」と「フィジカルコーチング」の2足のわらじを履く達人。

そんな土屋氏がセミナーを開催するので、下記にお知らせ致します。少年サッカーを教えるお父さんコーチや、中学、高校のコーチ、まだ指導者のいないチーム・・・などの人を対象にフィジカルトレーニングのセミナーを企画されたので、興味のある方は下記アドレスにアクセスしてみてください。

【サッカートータルトレーニング:ベーシックコース(6月〜9月)】
http://www.t-junji.com/press/2011/06/08/278/
http://blog.jplayers.jp/tsuchiya/
posted by suzuki at 10:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

「蹴夢」発売から1日が経ち……

5月31日に発売になった、青春サッカー小説「蹴夢」。

発売から1日が経ち、友人・知人・Twitterでつながっている皆様など、色々な方から「買いました!」というメッセージをいただきました。

著者として、これほどうれしいことはありません。

大げさな表現ではなく、涙が出ます。

早速、感想を聞かせてくれた人。

本屋で目立つ位置にササっと移動してくれた人。

本屋に置いてあるのを写真にとって、メールくれた人。

本屋の店員さんに宣伝してくれた人。

Twitterでつぶやいてくれた人。

早くも映画化を夢想してくれた人。

「子どもに読ませます」とメールをくれた人。

あと、「寝る前に息子に読み聞かせをします」とメッセージをくれた人もいました。

きっと、サッカー&本が好きな子どもに育つと思います(笑)。

サッカーが好きな親子なら、必ず楽しめる内容なので、家庭内で回し読みをして、感想などを言い合ってくれたら最高です。

いろいろ大変だったけど、書いてよかったというのが、いまの率直な気持ちです。

みなさん、ありがとう!

posted by suzuki at 01:08| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。