2010年03月05日

静岡美食の旅

昨日、取材で静岡に行ってきました。

インタビュー終了後、長年の約束が叶い、食事に行くことに。

「近場でどこかいい店があれば・・・」ということだったのですが、「うまい店がある」と、連れていかれたのは富士市にある豚足が名物のお店。

IMG_0084.jpg

甘辛く煮込んだ豚足を初めて食す。たしかに美味い。女将さんによると、3時間を2回に分けて煮込んでいるとのこと。

爪のなかのコラーゲンにかぶりつき、じゅるりと音をたてて吸い込むと、飲み込むそばから肌がツルツルになったような気がしてきます。

次に出てきたのが、「うなぎの肝」。

苦さと旨みが舌の上ではじけます。

IMG_6807.jpg

店の大将に「東京からです」と世間話をしていると、数分後、「せっかく東京から来てくれたんだからサービス」と照れ隠しの仏頂面で差し出されたのがこちら。

「メダイの昆布締め」

IMG_0088.jpg

白身魚の昆布締めに目がない僕としては、うれしいサプライズ。昆布の風味がほんのり香る、肉厚の食感。贅沢な味です。

一通り飲み食いしたあと、富士市に来たんなら「やきそば」でしょう。ということになり、近所のお店に電話をかけ、ラストオーダーの2分前にすべりこみ。

IMG_0095.jpg

細麺でコシがあって美味。鰯と鯖の削り粉をたっぷりかけて食べるのが「富士宮やきそば」です。

IMG_0073.jpg

焼きそばと「洋食焼き」という、キャベツ少なめのお好み焼きも名物なのでこちらもオーダー。もっちりとした歯ごたえが心地よく、何枚でも食べれてしまう感じ。

地元グルメを満喫し、満腹で家路につきました。

次回の静岡出張時には「沼津名物のからあげ」を食べに行くことが決まりました。

また報告します!
posted by suzuki at 10:53| 東京 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。